検索
  • うちだ内科医院

睡眠時無呼吸症候群




10秒以上続く無呼吸が一晩に30回以上、または1時間に平均5回以上認められる場合を睡眠時無呼吸症候群と定義しています。


睡眠時無呼吸症候群は、高血圧などの疾病の原因となり、また脳卒中、心筋梗塞のリスクを高め、寿命が短くなると言われています。


ただし、診断して、治療を行えば改善します。


ご家族や周りの方にいびきに困っている、寝ている間に息が止まっている、肥満気味、首が太い、朝の目覚めがすっきりしない、という方はいらっしゃいませんでしょうか。



各項目のうち、0点から3点で自分にあてはまるものを合計して下さい。

0点…決して眠くならない

1点… まれに眠くなる

2点 時々眠くなる

3点 眠くなることが多い


① 座って読書をしている時

② テレビを見ている時

③ 人がたくさんいるところで何もしていない時(映画館、会議等)

④ 車に乗せてもらっている時

⑤ 午後横になって休息している時

⑥ 座って誰かと話をしている時

⑦ 昼食後静かに座っている時

⑧ 運転中、渋滞や信号待ちで止まっている時


合計点数が11点以上なら睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)の可能性があります。

心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

146回の閲覧

Copyright© 2019 Uchida Internal medicine clinic. All Rights Reserved.