インフルエンザ予防接種

【インフルエンザ予防接種について】

 

令和3年10月11日よりインフルエンザワクチンの予防接種を開始いたします。

高齢者接種券【¥2500
一般【¥4000
3歳未満【¥3000
(自治体クーポンにて1500円/回 割引あり)

予約は10月1日より、当院の予約サイトよりお取り頂けます。
以下のURLよりお願いいたします。

https://medical.apokul.jp/web/171/reservations/add

納品数に限りがありますので、予約上限を設けさせていただいておりますが、
追加納品が随時ありますので、分かり次第、枠数は増やします。

【予約票について】

※事前に予診票をご記入の上、ご来院いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

※中学生以下の方は、必ず保護者の方同伴でお越しください。

※高校生以上19歳以下の方は、未成年者保護者同意書のご提出をお願いしております。

予診票の保護者ご署名欄へのご記入、並びに未成年者保護者同意書を記入の上お持ちください。

※公費に関しては所定の用紙にご記入をお願いいたします。

​インフルエンザ予診票のダウンロード↓↓↓

☆インフルエンザ予診票

未成年者保護者同意書のダウンロード↓↓↓

☆未成年者保護者同意書

立川市 子供インフルエンザ予防接種助成申込書ダウンロード↓↓↓

☆予防接種助成申込書

☆立川市の子供インフルエンザ予防接種助成についてはこちら

(申込に基づき、接種1回につき1,500円、1人につき2回まで助成します)

 

インフルエンザワクチンについて、質問、疑問がある方は下記リンクをご参照ください。
よくあるご質問については、最後にまとめております。
ご参照ください。

参考:
厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

Q.どのような人に接種が勧められていますか? 

A.制限はありませんが、とくに小児・医療関係者・高齢者・ハイリスク群(妊婦等)には推奨されています。

なお、小児では2回接種も実施されますが、通常は1回接種でも十分とされています。

Q.成人のワクチン効果はどのくらいですか?

A.発症抑制の効果は、一定の見解はありませんが成人では60%程度と考えられます。
重症化予防が明らかになっており、主に重症化を予防する目的での接種とお考え下さい。

 

Q.昨年ワクチンの接種を受けましたが今年も受けた方がよいでしょうか?
A.   インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行することが予測されると判断されたウイルスを用いて製造されています。このため、昨年インフルエンザワクチンの接種を受けた方であっても、今年のインフルエンザワクチンの接種を検討して頂く方が良い、と考えられます。

 

Q.インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?
A.   日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますで、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

 

Q.他のワクチンを同時に接種できますか?
A.はい、同時接種できます。但し、新型コロナウイルスワクチンは同時接種はできません。
接種間隔は最低2週間空けて下さい。

 

Q.2回接種する場合は、いつ頃が良いですか?
A.1回目接種と2回目接種の間隔は、3週間~5週間程度の間隔が目安です。

 

Q.土曜日・日曜日も接種できますか? 
A.大変申し訳ございません。10月中は新型コロナウイルスワクチンとの取り間違いを防ぐために、

実施しておりません。

QR_tachikawa.png