検索

熱中症

これから本格的に暑くなります。

熱中症にならないように、エアコンを使用し、

水分、塩分をしっかり補給しましょう(心不全、腎不全などお持ちの方は、要注意です)

以下のような症状が、熱中症に特徴的に認められます。

おかしいなと思ったら、すぐにご相談ください。


1 めまいや顔のほてり


2 筋肉痛や筋肉のけいれん


3 体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。


4 汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合


5 体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

6 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

7 水分補給ができない


当院では熱中症の診療を行っています。

お子様やお年寄り向けに経口補水液(OS-1 1パック 190円)も置いています。

お気軽にお声をおかけください。



参考URL https://www.netsuzero.jp/learning/le01


273回の閲覧

最新記事

すべて表示

花粉症そうだん室、開設☆

ついに今年もやってきてしまいましたね… 2月に入り、花粉シーズン到来です。 そこで当院では、皆様から花粉症の質問やご相談を集め、 それにお答えしちゃおう!という花粉症そうだん室を開設します! どんな人が花粉症になりやすいの? 気軽にできる、症状を抑える方法ってないのかな? などなど、どんな質問でも構いません。 こちらのコメント欄、もしくは当院公式Instagramへのコメントをお待ちしています!

花粉症について

日本では現在、全国で2000万人が花粉症に悩んでいると言われています。 スギ、ヒノキが代表的ですが、ハウスダストなどのアレルギーで、一年中症状があるような方も増えています。2/3の患者が何らかのアレルギー症状を季節を問わず持っているとも言われます。 しかし昨今は、検査技術が進み、アレルギーの原因が特定しやすくなってきています。また様々な対策グッズが出てきていて、症状悪化を予防する手立ても増えていま

Copyright© 2019 Uchida Internal medicine clinic. All Rights Reserved.