胃腸炎

胃腸炎とは

胃腸炎は細菌やウイルスの感染が原因で、発熱、腹痛や嘔吐、下痢などの症状が起こるものです。胃腸炎は一年を通して発症しますが、原因によっては流行時期が集中することもあります。また、食品の保管状況や不衛生な環境で調理された食事が原因となり、食中毒として集団感染することもあります。


胃腸炎の原因

胃腸炎の原因は大きく細菌性とウイルス性に分けることができます。細菌性胃腸炎として、卵や鶏肉などに生存するサルモネラ菌、豚肉などに生存するカンピロバクター菌などがあります。一方で、ウイルス性胃腸炎として、ノロウイルスやロタウイルスなどがあります。その他にも、細菌が出す毒素が原因となることもあります。胃腸炎の症状

胃腸炎では発熱や、腹部の痛みや吐き気・嘔吐、下痢などの症状が起こります。症状は比較的短期間で改善し、数日で軽快することが多いです。

急性虫垂炎(盲腸)や、急性胆嚢炎(胆石)などと区別がつきずらいこともあり、その場合は超音波検査や採血検査なども実施します。


胃腸炎の治療

胃腸炎の治療は対症療法が行われることが多く、発熱、腹痛や嘔吐、下痢など症状を和らげるための治療を行います。また、下痢や嘔吐が原因となり脱水状態となることもあるので、脱水の予防・改善のため塩分、水分の接種が推奨されます。高度な場合には点滴加療を行うこともあります。


胃腸炎の予防

胃腸炎は手指などを介して感染するため、手洗いを行うことが大切です。特に、調理や食事の前には、石鹸で手を洗いましょう。また、嘔吐物なども感染源となる恐れがあるため、適切な処理が必要です。使い捨ての手袋やマスク、エプロンを着け、処理後も石鹸で手を洗いましょう



------------------------------------------------------------------------

街のクリニック 立川・村山で胃腸炎症状に対して検査、治療の相談に応じています。

必要に応じて、皮膚科専門医や病院をご紹介致します。お気軽にご相談ください。

街のクリニック 立川・村山 

〒190-0004 東京都立川市柏町4-63-25 ヴィアーレ玉川上水1階 

電話番号 042-535-3974

-------------------------------------------------------------------------

最新記事

すべて表示

睡眠時無呼吸症候群と高血圧の関係

睡眠時無呼吸症候群では眠っている間に一時的に呼吸が止まります。呼吸が止まると血営内の酸素濃度が下がり、息が苦しくなって覚醒する(あるいはそれを覚えていない)を繰り返して、身体に大きな負担をかけます。 睡眠時無呼吸症候群の自覚症状は不眠や眠気などですが、これが長期間になると高血圧や脳卒中、心筋梗塞、認知症などを引き起こす怖い病気です。今回はこの高血圧との関係について解説します。 【睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群ってどうやって治すの?睡眠時無呼吸症候群の治療方法

いびきや日中の眠気があれば、睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう 放っておくと、様々な病気を引き起こし、生活の質も悪化させます。 今日は、当院で検査を行い、“睡眠時無呼吸症候群”と診断された場合にどのような治療が可能なのかお話します。 目次 1.根本治療と対症療法 2.生活習慣の改善 3. CPAP 4. マウスピース 【生活習慣の改善】 ダイエットだけでなく、眠前のアルコール摂取を避ける、寝る時

すぐに目が覚める、いびきがうるさい、朝の目覚めが悪い…もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群かも!?

あなたはいびきや不眠に悩んでいませんか? ・朝起きるのが辛い ・昼間に眠くなりやすい ・体が何となくだるい ・「寝ている間に呼吸が止まっている」と言われたことがある。 この中で一つでも当てはまるものがあれば、それは睡眠時無呼吸症候群のレッドフラグです。 目次 1、そもそも、睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気? 2、睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の特徴は? 3、睡眠時無呼吸症候群はどうやったら治るの