なんだか眠れない、いびきを指摘される、朝がつらい…

もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群かもしれませんよ!

いびきや不眠に悩んでいませんか?朝起きるのがツラかったり、昼間眠かったり、だるかったりしませんか?寝てる間に呼吸が止まっていると言われたことはありませんか?これは睡眠時無呼吸症候群のレッドフラグです。

そもそも、睡眠時無呼吸症候群ってなに?
寝ている間に呼吸が止まる病気です。
呼吸が止まって血中の酸素濃度が下がり、そして苦しくなって覚醒する(覚えていない)を繰り返して、身体に大きな負担をかけています。
不眠や眠気などの自覚症状だけでなく、脳卒中や心筋梗塞、認知症などのリスクにも繋がる怖い病気です。

 

 

【睡眠時無呼吸症候群にどうしてなるの?】
小顔であごが小さい、生まれつき舌や扁桃が大きい、
肥満で首回りの脂肪が多いなどが原因となります。
寝てる間にのどの空気の通り道に、舌が落ち込み閉塞することで呼吸ができなくなります。
稀ではありますが、脳の呼吸中枢に問題があるケースもあります。

 

 

【睡眠時無呼吸症候群はどうやったら治るの?】
肥満を改善したり、寝る姿勢を変えたりで良くなるケースもありますが、なかなか上手くいかないことが多いです。
軽度~中等症であれば、マウスピースを着用することで軽減することもあります。
重症の場合は保険適応でCPAPという機械による治療が可能です。
毎晩、機械をつけて寝ることで、呼吸の停止がなくなります。いずれの検査、治療も医療機関の受診が必要です。


診断治療を行っているクリニックは限られていますが、当院では積極的に受け入れを行っています。WEB予約や電話予約、オンライン診療も受け付けています。
駐車場もあるので、車でのご来院も可能です。
ご相談があれば、お気軽にお電話ください。

 

内科・小児科・アレルギー科・皮膚科

土日も診察

駐車場あり

お薬は院内でお渡し

西武拝島線 玉川上水駅より徒歩7分

多摩都市モノレール 砂川七番駅より徒歩9分

 
 
 

Copyright© 2019 Uchida Internal medicine clinic. All Rights Reserved.