アフターピル

アフタービルは避妊に失敗した際に用いる緊急避妊薬のことで、排卵や着床を阻害する作用があります。コンドームが破れたり、低用量ピルを飲み忘れたり、また相手が避妊をしなかった、コンドームを付けていたかどうかわからない、などで望まない妊娠の可能性がある場合、服用するものです。

ただし、100%確実に避妊できるものではなく、時間経過とともに避妊が成功する確率が下がります。アフターピルが必要な場合は、なるべく早くご相談ください。アフターピルは120時間を超えると大幅に確率が下がるとされており、理想的な服用は性行為から24時間以内とされています。

料金表

※全て税込みになります。
レボノルゲストレル錠 1.5㎎ 初回 12,000円
2回目以降 10,000円

性病検査

性病検査

当院では、各種性病検査を行っています。自由診療での検査を行っておりますが、症状が見受けられる場合は保険診療での検査が可能です。少しでも不安なことがあれば、ご相談ください。
性病(性感染症)には、エイズや梅毒のように放置しておくと命に関わる病気もあります。その一方で、正しく治療を行えば、比較的速やかに治癒する病気も多くあります。

また、性病は性器の周辺に症状が出るものも多く見られますが、性器以外の部分に症状が出るもの、ほとんど症状が出ないものもあります。男性と女性で症状の出方が異なるものもあります。専門家の検査を受けることで、ご自身の状況が分かり、安心できる場合もありますし、早期に治療を開始することで、自分自身や大切なパートナーを守ることにつながります。

検査について

検査では、問診、診察、血液検査、尿検査、のどの検査等を行います。

問診

性病検査では、問診が大切です。主に以下のようなことを伺います。

  • いつ症状が出たか
  • どんな症状が出たか
  • 体のどこに症状が出ているか
  • 症状はいつまで続いたか、まだ続いているか
  • どんな持病があるか
  • 周りにも同じ症状の人がいるか
  • 最後の性行為はいつか
  • 肛門性交はするか
  • 口腔性交(フェラチオ、クンニリングスなど)はするか
  • 同性間性交をするか
  • 飲んでいる薬はあるか
  • 妊娠しているか/過去に妊娠したことがあるか
  • 最後の月経はいつか
  • 生理不順はないか

など

上記のような質問で、感染と思われる時期から発症まで要した時間、性器以外での症状の可能性、また、罹患する性病の傾向などが分かり、それらが診断の大きな助けとなります。たとえば性行為から発症まで要した時間が短ければ淋病等、長ければクラミジア等、非常に長ければ性病以外の疾病を疑います。

血液検査

性病は、血液検査で発見できるものも多くあります。血液を少量採取して血液中の成分を検査します。

尿検査

尿中に原因となる微生物が存在するかどうかを調べます。その種類を調べることで、使用するべき有効な薬の種類を知ることができます。

頸管粘膜・おりもの(膣分泌液)検査(女性)

膣の検体採取は、子宮天蓋部を綿棒で自己採取をお願いしております。

上記のような検査で、以下のような病気の有無が調べられます。
  • HIV
  • クラミジア
  • マイコプラズマ
  • ウレアプラズマ
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 淋病
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • 尿道炎(男性)
  • 膀胱炎(女性)

など

喉の検査

性病は、性器に感染が無くとも、喉に感染していることがあります。の場合、オーラルセックスを通じて、パートナーに移してしまうリスクがあります。喉の検査は生理食塩水でうがいをして、そのうがい液を調べる方法と、綿棒で喉を拭って調べる方法があります。喉の検査では以下のような病気の有無が調べられます。

  • 淋病
  • クラミジア
  • マイコプラズマ
  • ウレアプラズマ

検査時期について

性病に感染した直後では、感染した微生物の量がまだ少ないため、検査で見つからない場合があります。時間が経ってから(微生物が増殖したころ)の再検査で見つかることもあります。感染から検査が可能になるまでの時期(ウインドウ期)は以下のようになります。

◆検査で感染が判明した場合、治療は保険適用で行うことができます。検査のこと、治療のことについて、詳しくはお気軽にご相談ください、
病原体 ウィンドウ期
梅毒 約4週間
HIV 約4週間 (RNA検査は約2週間)
ヘルペスウイルス 約4週間 (特異抗原検査は発疹出現時)
B型肝炎 約4-8週間
C型肝炎 約4-12週間

価格表

※全て税込みになります。
クラミジア/淋病(のど、性器) 6,000円
HIV 3,000円
梅毒RPR法 定性分析 1,500円
梅毒(TPHA) 1,500円
HBs抗原(定性 判定量) 1,000円
HCV抗体定性・定量 5,400円
基本セット(クラミジア・淋病・HIV・梅毒) 15,000円
フルセット(基本セット+B型肝炎・C型肝炎) 16,000円

AGA

AGA(男性型脱毛症/Androgenetic Alopeciaの略)は、男性ホルモンの影響による脱毛症のことで、前頭部と頭頂部から毛髪が薄くなっていくことが特徴です。特に前頭部と頭頂部に症状が現れるのは、「Ⅱ型5αリダクターゼ(還元酵素)」がこれらの部位の細胞に存在していることによります。

「Ⅱ型5αリダクターゼ(還元酵素)」があると、この酵素が男性ホルモンである「テストステロン」を、より強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変換します。そして、このジヒドロテストステロンが毛母細胞の分裂を抑制してしまうため、AGAが発症すると考えられています。

治療薬として、この「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きを阻害する「フィナステリド」や、より強力な「デュタステリド」という内服薬があります。これらを服用することで、「ジヒドロテストステロン」への返還を抑え、AGAの進行を食い止める効果が期待できます。さらに、血圧降下薬として開発され、その発毛効果から薄毛治療に転用された「ミノキシジル」を併用する場合もあります。

これらによる治療は、6か月以上の投与により、効果が実感できる場合が多く、また使用を中断すると、再びAGAが進行ししてしまうため、長期にわたり根気よく続けることが大切です。当院では、最初に患者様と丁寧にご相談し、治療方針を決定して、治療を進めていきますので、AGA治療に関し、まずはお気軽にお尋ねください。

料金表

※全て税込みになります。
フィナステリド 1㎎ 初回 8,000円
2回目以降 6,000円
デュタステリド 0.5㎎ 初回 10,000円
2回目以降 8,000円

ED

EDとは勃起障害のことで、Erectile Dysfunctionの頭文字をとったものです。「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」と定義されており(「ED診療ガイドライン」より)、原因としては、ストレスなどの心因性のもの、加齢や生活習慣病、神経系の障害などによるもの、他の病気の治療で使用している薬剤によるものなどが挙げられます。

EDの治療法としては、心理療法・ホルモン療法・薬物療法、また手術などがありますが、その中で近年、有効な治療薬が登場してきています。よく耳にするものとしては「バイアグラ」があります。その他に「シアリス」「レビトラ」などがあります。

現在、これらの薬剤の価格は手ごろなものとなっており、また自分の症状に合わせて選べるようになっています。一方、各治療薬は、それぞれ効果の強弱、持続時間の長短、さらに副作用の出方も異なります。また持病の有無(心疾患や肝機能障害など)によっては使用禁忌薬となる場合があり、また同時に服用できない薬もあります(循環器系疾患の治療薬等)。

当院では、患者様の症状や持病の有無、ご希望、ライフスタイルまで、丁寧に問診させていただき、最も患者様に適したものを処方いたします。その際には、しっかりとしたご説明をさせていただきますので、医師の指示に従っての服用をお願いいたします。

料金表

※全て税込みになります。
ジルデナフィル 50㎎ 初回 11,500円
2回目以降 9,500円
タダラフィル 20㎎ 初回 17,000円
3回目以降 15,000円